CSRについて

事業

たゆまぬ創造と革新のもと事業を進化させ

フォレストグループは、その事業に高い公共性を有しており、社会の変化に合わせて事業を進化させることが、最大の社会貢献につながると考えます。また、事業活動によって適正な利益を創出し、企業の永続性を確保することが、さらなる社会貢献につながると考えます。さらに、コンプライアンスと、適切な情報公開により誠実な企業経営を実現します。

行動指針

生活者の満足を追求
  • ①生活者の視点に立って、優れた商品・サービスを開発し、提供します。
  • ②お得意先・生活者の声を事業活動に活かします。
  • ③商品・サービスの品質向上と、安全性の確保に努めます。
グループの成長・発展
  • ①商品・サービスを通じた新たな市場の創出により、収益の拡大を目指します。
  • ②グループの持続的な成長により、適正な利益還元を実現します。
誠実な企業経営
  • ①経営の透明化向上を目指し、コーポレートガバナンスの充実を図ります。
  • ②自由・公正・透明な取引および競争を行うことにより、社会から信頼されるグループを目指します。
  • ③法令、社内規則を遵守するとともに、企業活動に関するリスクの低減に努めます。
  • ④企業活動を正しく理解していただくために、適切な情報を開示します。

活動事例

コンプライアンス委員会の設置
フォレストグループは、「フォレストグループ行動憲章」ならびに「フォレストグループ企業倫理行動基準(コンプライアンス指針)」に基づき、人権を尊重し、社会規範・関係法令・業界自主制定ルールを遵守し、社会的良識を持って、企業の社会的責任を果たすために公正な企業活動を推進します。
組織体ならびに従業員一人一人がこの役割を正しく理解し、高い倫理観をもって、誠実に愚直に正しく行動するための様々な取り組みを実施し、フォレストグループの理念の実現に向けて邁進することを目的とし、コンプライアンス委員会を設置しています。
コンプライアンスハンドブック
フォレストグループでは、「コンプライアンスハンドブック」を配布し、全役員・従業員が携行しています。
定款にも謳われる「基本理念」や行動指針と、最低限守るべき社会のルールや業界のルールについて記載しており、常にフォレストグループの一員として、誇りと責任感を持ち行動することを求めています。
災害時におけるBCP(事業継続計画)の整備
電気やガス・水道と同じく社会インフラである医療用医薬品・医療機器・医療材料を取り扱う株式会社アステムでは、全営業エリアの防災マップとリスクカルテ、毛布などの備蓄品(全営業所)を設置し、非常時に備えています。

防災ガイドマップ
防災ガイドマップ

拠点リスクカルテ
拠点リスクカルテ

前のページに戻る

CSRについて
ひと
事業
くらし
社会
CSR報告
フォレストグループ健康宣言
  • グループ企業
  • アステム
  • リードヘルスケア
  • サン・ダイコー
  • ダイコー沖縄
  • 藤村薬品
  • フォレストサービス
  • うすき製薬
  • 創健
  • ケンミン
  • スターネット
  • セーフマスター
  • メディクリーン
  • ohana本舗

ページの先頭へ